世の中、経験がものを言う

将来華やかなブライダル関連の仕事に就きたいという目標を持っているなら、実際にそれらの現場でアルバイトをこなし少しでも経験を身に付けておきたいと思う人がいるのは当然の事ですよね。
ブライダル関連と一口に言ってもその仕事はかなり多岐に渡り、ブライダルプランナーの様なプランニング全般を司りマネジメント能力が問われる仕事から、スタイリストやフローリストといった専門性の高いアートな仕事に至るまで実に様々です。
それらの中で自分の最適な立ち位置を見つけてそれらをダイレクトに学べるアルバイトに応募すると共に、実際それらのジャンルを深く学べる専門学校への道を並行して確立してゆくのがベストな方法となってくるでしょう。
実際仕事の現場でそのものの仕事をこなしてゆく事によって得られる経験は専門学校で学ぶ講義よりもはるかに重く、参考になるものなのです。
仕事そのものの技術というよりかは、仕事の段取りや同じ舞台において他のジャンルの仕事をしている人との歩調合わせ、そして何よりゲストに不便や不快を与えない配慮や工夫を幾つものパターンから学ぶ事が出来るからです。
もちろんアルバイト先で実績を先に作っておけば、いざ専門学校を修了して就職先を探す際には、コネクションという意味において多少なりともアドバンテージを与えてくれるといったメリットもあるのです。
学校で学んだ事よりも実務経験が優先されがちな世の中なので、即戦力として期待される為にも実際目標の現場でアルバイトをしてみる事も必要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です